2018年度ファイナリスト
インタビュー

届けたいのは「生きる目的」 2018年ファイナリスト
豊津とよつ 啓哉けいやさん、佐藤さとう 将来まさきさん

freebit biz challenge COMPETE 2018のファイナリストで、プラチナ賞を受賞された豊津 啓哉さん、佐藤 将来さんに、最終審査の直後、率直な感想をインタビューしました。

ビジネスプランを動かす、その為に時間を使う

最終審査の直後ですが、率直なご感想をどうぞ

佐藤さん:
沢山の方にお世話になった事が最初に思い浮かんで、まだ優勝した実感がありません。自分達なりに一生懸命やってきた自負はあったので、それが結果に繋がり良かったです。最終審査は優勝できるかどうかより、今までの想いをぶつけようという気持ちで挑みました。今回が初のビジコン出場だったんですが、自分達の1つ前のチーム (ぬんGold) のプレゼンがすごく上手で印象に残っています。資料の見やすさや伝える順番は、与える印象や情報量を左右するのだな、表現って大事だなと、そういった基本的なことを改めて感じる機会にもなりました。

今回のビジコンに出たきっかけを教えてください

佐藤さん:
きっかけは2つあります。1つは、このプランの妥当性を担保するために、考えをアウトプットしてフィードバックを貰う場が欲しかったこと。もう1つは、プランを本格的に動かすためにお金が必要になったことです。実証実験を重ねて必要な費用が明確になる中、僕らはとにかくアルバイトをして費用に充てていました。でも時間を使うなら、もっとこのビジネスが動くことに時間を使いたいと思い、賞金が出るビジネスコンテストに出場しました。

問題の根幹を解決し、その先を提供するプラン

メンバーはどうやって集めましたか?

豊津さん:
僕たちは同じ学部のクラスメイトです。元々プランは自分が考えたもので、活動を始めて半年は個人で動いていました。実際にプランを開始して人を巻き込む段階になった時、いろいろな人を探した中でも優秀だと感じた佐藤を誘いました。自分の思い描くビジョンに共感してくれ、今に至ります。

このビジネスを考えたきっかけは何ですか?

豊津さん:
自分は大学で国際協力の分野を専攻していて、中でも教育の格差について興味がありました。教育の格差について自分ができることを探していたとき、個人的に参加した国連のインターンシップで「OriHime」という遠隔操作可能な人型ロボットを知りました。OriHimeを見たとき、発展途上国の学校で先生が不足しているという問題に対し、OriHimeを使って遠隔で先生を届ければ、少しは格差の解決に繋がるのではと思ったのがこのビジネスを考えたきっかけです。ところが、現地調査に行くと実際に求められているものは違っていました。現地の子ども達が通っているNGOスクールは寄付だけで運営を賄っていて、先生達の給料もすごく低いです。でも現地の先生方はパッションのある方ばかりで、学校で教えることを生きがいにしていました。それでも厳しい財政から先生が辞めてしまったり、教材が足りなかったり、様々なものが不足していて、問題の根幹にあるのは教師の不足ではなく財政面だと感じました。じゃあ途上国が自らお金を稼げる仕組みを作らなければと考え、できたのが現在のプランです。
自分達がやりたいのは「生きる目的」を届けることです。それは発展途上国の人だけではなく自分達も含めてです。生きる上で必要な「生きがい」と「教育」を掛け合わせたもの、それが僕達のビジネスプランになりました。

行動することが、結果に繋がる

今後の展望をきかせてください

佐藤さん:
次年度に向けて、実証実験をより本格的に始めたいです。それには資金が必要になってくるので、資金の調達、そして現在の活動をより本格的にするために、法人化することが今後の目標です。

最後に、次回のコンテスト出場者に向けてひとこと!

佐藤さん:
迷ってるならやるほうがいいです。行動しないと何も始まらないので。その先、起業するかどうかなど悩みもあると思いますが、行動して見えてくることがあるので、まずは動くことが大切だと思います。

豊津さん:
自分達は、ただ行動することだけを続けてきたチームです。今までを振り返るとすごく苦しい状況もありましたが、それを打開したのもやはり行動することでした。どんな状況でも、自信がなくても、行動することで活路が見えてくると思います。

ありがとうございました。

ビジネスプラン提出用
テンプレートはこちら

TOPへ