2018年度ファイナリスト
インタビュー

行動して初めて分かることがある 2018年ファイナリスト
中村なかむら 拓哉たくやさん

freebit biz challenge COMPETE 2018のファイナリストで、金賞を受賞された中村 拓哉さんに、最終審査の直後、率直な感想をインタビューしました。

自分1人の力量を試してみたかった

最終審査の直後ですが、率直なご感想をどうぞ

課題の深堀りという点では、6チーム中上位に入っている印象を受けていたので自信はありましたが、実際に入賞できてすごく嬉しいです!

今回のビジコンに出たきっかけを教えてください

時期がピッタリだったことが出場を決めたきっかけです。元々、もっと時期の早い他のビジネスコンテストに出る事を検討していましたが、調整が間に合わず断念しました。他のビジコンは締切が夏、本番が秋のパターンが多いのですが、フリービットのビジコンは締切が秋頃に設定されていて、丁度プランが固まってモチベーションが上がっていた頃に応募することができました。

お1人での出場は大変だったのではないですか?

今までビジネス系のイベントには仲間を集めてチームで参加していましたが、それだと自分1人の実力が分からなかったので、今回は腕試しの意味もこめて1人で挑戦しました。ダメだったらまた頑張ればいいと思っていましたし、今回は評価していただけたので自信に繋げることができ、良かったです。

深く掘り下げることで、より多くの問題解決に繋がる

実際に出場した感想をお願いします。

自分は一次選考通過後、プランの方針を大きく変えています。というのも、最初のプランをブラッシュアップ面談で見せた時に「これでは厳しい」と言われてしまって。何を解決したかったのかもう一度立ち戻って深堀りした結果、今のプランに繋がりました。変更後のプランの方が多くの問題解決ができるし、市場規模が伸びる確信もあったので、思い切って方針変更して良かったと思っています。こういったビジネス系のイベントで、学生にリアルな意見を言ってくれるメンターは意外と少ない印象でしたが、今回僕のメンターを担当した方は率直な意見を言ってくださり、それを元にプランを考え直すことができたので、とても良いブラッシュアップの機会になりました。

まずは実践。動いてみることが大事

今後の展望をきかせてください

まずは少しでもいいので、プランを実践してみようと思います。賞金はプランの実践や検証に使うつもりです。お客さんを最初から入れて実践するのもいいですが、まずは友達や仲間とシステムを使って検証しながら、感触を確かめたいと思っています。

最後に、次回のコンテスト出場者に向けてひとこと!

多分、みんな実現したいことや夢があると思います。どうすればやりたい事が実現するのか最初は想像できないと思いますが、調査したり自分で考えたり人に意見を求めたり、実際に行動するうちに色んなことが分かってきます。なので、こういったコンテストへの出場を悩んでいる人や、参加してみようかなと思っている人は、ぜひ1歩踏み出してみてください!

ありがとうございました。

ビジネスプラン提出用
テンプレートはこちら

TOPへ