2018年度ファイナリスト
インタビュー

本気で取り組んだ経験は一生の糧になる 2018年ファイナリスト チーム「ぬんGold」
鳥羽とば 琢斗たくとさん  北村きたむら 亮河りょうがさん  笠井かさい 彩花あやかさん  金子かねこ 侑司ゆうじさん

freebit biz challenge COMPETE 2018のファイナリストで、銀賞を受賞されたチーム「ぬんGold」の代表、鳥羽 琢斗さんに、最終審査の直後、率直な感想をインタビューしました。

メンバー全員で作り上げたプレゼンの強み

チーム代表の鳥羽さん、最終審査後の率直なご感想をどうぞ

まずは、最終選考まで残って、そして受賞できて凄く嬉しかったです。1年間ゼミの仲間と頑張ってきたので、実を結んで良かったと思っています。

プレゼンテーションが好評でしたね

プレゼンには自信がありました。自分たちはプレゼンの役割を、資料を用意する人、発表する人、パワーポイントを進める人、質疑応答を担当する人と細かく分け、それぞれが役割に注力していました。資料担当のメンバーは凄く良い資料を作ってくれたし、発表担当と資料めくり担当のメンバーは集まる度に話し方やタイミングを合わせてくれました。質疑応答を担当したメンバーも分厚い応答書を作ってくれて、今回の受賞はメンバー全員が全力を出し切った結果だと思っています。チームの全員が全力を出していることを知っていたので、必ず受賞するという自信をもって最終審査に臨みました。

穴埋めしながら育てたプラン

今回のビジコンに出たきっかけを教えてください

僕たちは経済系の大学に所属していて、大学のゼミで「ビジネスプランを各々で考えビジネスコンテストに出場する」という課題を課せられていたのが出場のきっかけです。なのでフリービットのビジコン出場以前にも数々のコンテストを受けていて、大半は予選で落選しましたが、その分プレゼンをした数は多いです。コンテストを受けるたびに自分達のプランの足りない所を穴埋めするイメージで育てていきました。ブラッシュアップの機会は過去のビジコンでも何度かありましたが、フリービットのブラッシュアップ面談は特に的確で、議論をしていく上で僕達の耳の痛いところをしっかり突いてくれて、プランの弱点を埋めていくことが出来たので、そこがすごく良かったと思っています。フリービットのビジコンは時期的にも他のビジコンとずれていて、最後の穴埋めができた状態で臨めたコンテストでした。

メンバー全員がチームの要

メンバーはどうやって集めましたか?

大学のゼミから組みたい人を選びました。ゼミ自体は2年の秋から始まっていて、最初の半年はゼミの全員と当たるようにローテーションします。そこから組みたい人を自分で選ぶのですが、言わば最初の半年はマッチング期間で、マッチング後の1年間は決まったチームで頑張っていきます。 僕はこのチームを最高のチームだと思っています。自分達は1つのプランを育てる形で様々なビジコンに出場してきましたが、実を言うと一度0から再スタートしています。当初考えていたプランと全く同じサービスが世に出てプランを白紙に戻さなければならず、プランを考案してから時間が経っていたこともありメンバー全員が落ち込んでいました。でも、ここで諦めたら終わりだとメンバーそれぞれの得意分野を持ち寄り、全員でチームを立て直したからこそ、今回ここまでこれたのだと思っています。

今後の展望をきかせて下さい。

ビジコンへの出場自体は、フリービットのビジコンで最後になります。実際に起業することも考えましたが、メンバーそれぞれの方向性が違うので現状ではプランを温めておき、まずは今回の経験を通して就職活動の糧にしようと考えています。

最後に、次回のコンテストの出場者に向けてひとこと!

グループで1つのことに長く取り組む経験は一生の財産になりますし、これからの糧にもなります。なので迷っているなら、参加すると良いと思いますよ!

ありがとうございました。

ビジネスプラン提出用
テンプレートはこちら

TOPへ